不動産物件の賃貸にて

不動産会社で違う手数料


トップ
パールワティ
パールワティ
YOGAROOM

不動産物件の仲介手数料

不動産物件を賃貸、売買する場合に仲介手数料というものが存在します。これは賃貸ならば家賃1か月分までと法律で決まっているので金額としては物件ごとに異なります。勘違いされている方も多いのですが、この1か月分は賃貸物件のオーナーと借主、それぞれから1か月分ずつ請求していいわけではなく、あわせて1か月分までです。昔はこの分を全額借主から請求しているケースがほとんどでしたが、今は半月分ずつや、場合によっては全額オーナーに負担してもらっているケースもあります。不動産会社によって異なるので気になる方は調べてみてください。

仲介手数料は成功報酬です

不動産会社を仲介して、土地や建物を売ったり買ったり、もしくは貸したり借りたりした場合は、仲介手数料が発生します。仲介手数料とは、仲介してもらった成功報酬として支払うものです。成功報酬ですから、取引が成立しない場合は支払う必要はありません。この手数料は、宅建法で上限が決まっており計算によって求めることができます。そして、その額以上の請求を受けることはありませんが、契約の前に必ず手数料はいくらになるのか確認しておくと良いでしょう。最近では、この手数料を割り引いたり、無料にしてくれる不動産会社も増えています。経費を節約するために、そのような会社を選ぶのも一つの方法です。