不動産の今後の価格

アベノミクスで不動産上昇


トップ » アベノミクスで不動産上昇
パールワティ
パールワティ
YOGAROOM

不動産投資とアベノミクス効果

日本では今年になってから、株価の値上がりと円安の傾向が明確になってきています。それはアベノミクス効果の表れであると見て間違いありません。しかし、広く不動産市場全体を見回してみますと、株式市場や為替市場ほどの効果はまだ見られません。それは今後に期待したいところです。いずれにしても、その効果というものは徐々に波及してゆくものです。業界によっては、その波が到達してくるまでに、多少の時間がかかってしまうのはやむを得ません。しかし、不動産投資や投資信託(リート)などには、少しはアベノミクス効果も見られていると判断しても間違いはないでしょう。

アベノミクス政策による物価変動

アベノミクスの主な政策として、インフレ目標の設定や金融緩和、公共投資による需要の追加などが挙げられます。この政策の一つでもあるインフレ目標の設定が、不動産投資にどのような影響を与えるかというと、一般的にインフレが進むと通常の物価に比べて資産価格の上昇のほうが著しいといわれています。よって、実際にインフレ目標が達成されると物件価格は上がると考えられます。もし、アベノミクス政策が効果的且つ効率的に機能すれば、早急に価格上昇が見られるというわけではありませんが、将来的に不動産価格の上昇が見られることでしょう。