不動産の仕事を学ぶ事

不動産会社でインターン


トップ » 不動産会社でインターン
パールワティ
パールワティ
YOGAROOM

不動産会社の仕事を知れる制度

学生が就職をする前に、インターンシップとして企業で働くことはよくあります。学生にとっては就職をする前にその業界のことがよく理解できることがメリットとしてあり、企業にとっても新卒採用のミスマッチを防げるメリットがあります。不動産会社でも多くの学生をインターンシップとして受け入れていて、新築物件やリフォームの営業、新築住宅の設計、賃貸物件の紹介など、企業が行っている様々な業務をじっさいに、学生に紹介することができます。学生にとっても不動産会社の社会での役割を知ることができ、自分に適している仕事かどうか見極めることができます。

会社のインターン制度

学生にとっては、就職をする際にどのような会社かをしっかり把握できる機会が欲しいはずです。そんな際にインターンシップ制度を導入している会社が不動産会社です。会社によって内容はさまざまですが、1日で会社の概要や、業界の説明、そして、現場体験などをできるケースが多いようです。この業界の会社は品質が良く、高い物件を販売することになりますので、業界の知識を知ることはもちろん、お客様への対応もしっかりする必要があります。不動産会社の先輩との懇親会などもありますので、実際に働いている先輩方の経験談などを知ることができるので、とてもありがたい制度です。